進'Page

魚沼の素晴らしい自然や小さい出来事やイベントを写真で紹介します。
 

寒修行

| コメント(0) | トラックバック(0)

1年のうちで最も寒いと言われるこの時期1月28日から2月3まで、南魚沼市大崎の八海山尊神社の不動滝で心身を清める寒修行が行われています。

凍てつく寒さの中今年も行ってきました。メンバーの智道さんを誘って撮影に行ってきました、物好きなわたしです。

天気が良く寒く手はかじかむし足はしんしんと冷たいし、鼻水はでるは大変な撮影ですが、不動滝では修行者が滝に打たれた修行される。目を閉じ、手を合わせ祈りを捧げ一心に修行されていました。

29日の日曜日で一般の修行参加者が多く、勇気ある女性の修行者も10人くらいいました。

 

今年は昨年より雪はかなり多い感じです。

s-寒1.jpg

 

修行者の為に火が焚かれ、修行者はく草鞋やバスタオルが暖めてある。

s-寒2.jpg

 

行者さんのお払いで滝行が始まる。

s-寒4.jpg

 

先達の修行者は昨年もおなじ修行者。

s-寒5.jpg

 

修行者の表情は皆さん穏やかで寒さ冷たさは感じません。

s-八1.jpg

 

 

勇気ある修行者が一心不乱に滝にうたれます。

s-八2.jpg

 

女性の修行者迫力があります、この女性は気合い充分でした。

s-寒10.jpg

 

皆さん素晴らしい表情で修行されます。

s-八3.jpg

 

冷てーだろーな。

s-八4.jpg

 

冷たさ寒さを感じさせない、微笑みが浮かんでいます。

s-寒11.jpg

 

この女性悟りを開いた素晴らしい表情です。

s-寒12.jpg

 

失礼だと思いましたが、あまりにも美しく後ろから撮らせていただきました。

s-寒13.jpg

 

 

勇気ある修行者に拍手です。

撮影してる私が寒くて参りました、なんてだらしないんだろう・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨日21日は暮れとは思えない素晴らしい天気になり、暖かく今年最後の晴れだと思い、カメラ持って八海山の撮影に行って来ました。

昨年続き雪の少ない師走になっています。昨日22日は南風が吹きただいま、城内上原は積雪0㍍です。

雪のない正月が迎えられそうです?・・・あまいかな。

 

宇田沢川と八海山。s-暮れ1.jpg

 

同じ場所から八海山s-暮れ2.jpg

 

 

八海山スキー場に行ってみるとスキー客が楽しんでいる。s-暮れ3.jpg

 

 

スキー場下からの八海山。s-暮れ4.jpg

 

 

日大セミナーハウス脇からの八海山。s-暮れ5.jpg

 

 

同じくセミナーハウス脇から八海山。s-暮れ6.jpg

 

 

広堀集落と阿寺山。s-暮れ7.jpg

 

 

広堀集落 柿の木と八海山。s-暮れ8.jpg

 

 

上出浦 逆さ八海山。s-暮れ9.jpg

 

 

上出浦橋から宇田沢川と八海山。s-暮れ10.jpg

 

 

妙音寺辺りからの八海山。s-暮れ11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トミオカホワイト美術館に展示中の亘さんのイラストを、関係者で5月31日午後4時から張り替え作業を行いました。

6月の展示は、岡集落と泉集落です。岡集落と泉集落の方は是非行ってください。素晴らしいイラストが展示されています。

残念ながら先月5月に作者の亘さんが亡くなりました。家族の同意を頂き、展示されています。

城内を愛した亘さんの素晴らしい城内の原風景を、大勢の方から見て頂きたいです。

作業が終わり関係者4人で、亘さんの実家の仏壇に報告と焼香をしてきました。御冥福をお祈り申し上げます。

夜は関係者でスナックよしみさんで、亘さんを偲びながら一杯飲みました。

 

生前の亘さんの写真、公民館城内分館長のKさんがイラストを描きました。

s-31日1.jpg

 

 

張り替えも3回目で皆様慣れたものです。

s-31日2.jpg

 

昇さんも頑張っています。

s-31日3.jpg

 

この人泉集落のマサキさん 存在感があるねー。

s-31日4.jpg

 

岡集落と泉集落の張り終わり1日より公開。

右端の自販機が無くなり見やすくなりました。

s-31日5.jpg

 

市民展示場は6月は押し花だそうです。

s-31日6.jpg

 

 

美術館の側の田んぼでは、広悦さんが孫をトラクターに乗せて農作業を頑張っていました。


s-31日7.jpg

裃侍

| コメント(0) | トラックバック(0)

八海山の雪絵が早くも消える初夏になりました。

八海山の雪絵を毎年楽しみにしていましたが、今年は雪消えが早く雪絵を楽しむ期間が短く残念です。

それでも裃侍綺麗な勇姿がみられました、先日12日に侍の勇姿を撮影しました。

例年だと6月の初旬に撮影します、今年は約一ヶ月早く季節が進んでいます。

 

八海山の雪絵 裃侍。

裃侍の勇姿が分かりますか。

s-DSC_2065.JPG裃侍1.jpg

 

 

此なら分かるかな。

s-侍1.jpg

 

 

大見得をきる侍を想像しました。

侍5.jpg

 

 

下の写真は裏巻機山の雪絵です。

s-侍6.jpg

 

 

魚沼地方は田植えの季節で農家は忙しく田んぼで仕事しています。

今日は久々の雨降り肌寒い魚沼です。

寒修行

| コメント(2) | トラックバック(0)

大崎の八海山尊神社里宮の不動滝で節分祭の寒修業(滝行)が1月28日から2月3日まで行われています。

寒修行は知っていましたが行ったことなく、今年は雪が少なく思いきって撮影に行ってきました。

30日土曜日の朝9時半ころ家を出て様子見で行きました、寒修業の迫力は凄い、途中からで明日リベンジで帰りました。

31日日曜日に再チャレンジです。

日曜日は早くでて里宮に9時半前に着き。最初から見学出来ました。日曜日で参加者も多く女性の修行者も3人いらっしゃいました。

大崎里宮

s-滝20.jpg

 

 

30日初めて見る滝修行

s-滝2.jpg

 

10歳くらいの男の子も参加していました、滝行が終わったあとは関係者やカメラマンの拍手喝采でした。

s-滝4.jpg

 

子供の父親だと思います、親子参加でした。

s-滝5.jpg

 

31日に再チャレンジです。法螺貝の鳴り響くなか厳かに始まりました。

s-滝10.jpg

 

 

この日は勇気ある女性の滝修行者が3人参加されていました、勇気ある女性に敬服です。

s-滝11.jpg

 

 

女性の修行者の表情は穏やかです。

s-滝12.jpg

 

 

s-滝15.jpg

 

此の修行者は凄い迫力がありました。

s-滝21.jpg

 

 

八海山倶楽部の皆様ならお分かりだと思います、城内のあるお寺の御住職です。

頭が下がります。

s-滝14.jpg

 

 

 

八海山倶楽部と訪問者の皆様、明けましておめでとう御座います、長い間ご無沙汰しました、今年も宜しくお願いします。

豪雪地南魚沼市ですが、今年は豪雪地を返上したいくらい雪が少なく、快適な新年です。

お陰様で雪片付けがなく、正月からお屠蘇が進み、三光丸の世話になりっぱなしです

元日は八海山神社に初詣に行ってきました。

s-正月11.jpg

 

八海山神社の狛犬。

s-正月12.jpg

 

昨年の狛犬、大雪の昨年です。

s-正月.jpg

 

本当に今年は雪が少ない、私が当地魚沼に来て確か二度目だと記憶しています。

1月4日の八海山の写真です、上原地内から撮影。

s-正月1.jpg

 

 

日大セミナーハウス脇からの八海山。 

s-正月3.jpg

 

日大セミナーハウス脇から城内村を撮影。

s-正月4.jpg

 

八海山スキー場 写真ではよく見えなせんがスキーヤ^は楽しんでいました。

s-正月5.jpg

 

スキー場下の橋の上から、春の感じです。

s-正月7.jpg

 

今年はもう少しブログをアップするつもりです。

 

 

 

 

豪雪地魚沼も春の気配です。

一昨日から暖かく、温もりを感じる季節になりました。

昨日の朝春を探しに近所をぶらぶらしてみました。小さな春を見つけました。

昨日の朝は気温がさがり、田んぼに薄氷が張り、霜も降り真っ白の中に寒そうに、オオイヌノフグリが綺麗に咲いていました。

嬉しくなり、春を探すと小さい花達が結構みつかります。昨日から今日に撮影した、小さな春を紹介します。

霜で寒そうに咲いている、オオイヌノフグリ

下の写真は35㎜単焦点レンズに百円ショップのルーペを取り付けて接写しました、百円だからとてバカに出来ない、結構綺麗に接写できる。

春を感じるのは人間より、植物の方が早く感じてるようです。

s-今朝1.jpg

 

下の写真は今日の撮影、60㍉マクロレンズ使用

s-18-1.jpg

オオイヌノフグリの隣にはハコベの花も可憐にさいていました。

s-18-2.jpg

 

探してみると、タネツケソウかツメクサかは小さすぎて判断できません。花は1㍉から2㍉くらいの小さな花。

s-18-3.jpg

 

 

春探しの散歩に出ると道路脇の雪の消えた所にはフウキントウも美味しそうにでています。

s-今朝5.jpg

 

 

ルーペを付けて接写です。

s-今朝6.jpg

 

水路も陽ざしで光っています。

s-今朝8.jpg

 

水路にしたたり落ちる水滴、上手く撮れません。この写真も百円のルーペで撮影。

s-今朝7.jpg

 

我が家の庭にもコシノカンアオイの花が咲いていました。

s-18-4.jpg

 

 

探すとキクザキイチゲも蕾がみつかりました。

s-18-5.jpg

 

 

春が来たと思っても、未だ此の残雪、我が家の近くのAコープ前。此の左側の道ばたにオオイヌノフグリが咲いていました、右側が我が菜園です、何時に成ったら畑仕事ができるやら?。

s-今朝2.jpg

 

陽当たりの良い山は雪解けが進んでいる。

s-今朝10.jpg

待ちに待った春です、此からは山に山野草や山菜と家庭菜園と忙しい、楽しい季節になりました。

 

 

 

八海山倶楽部の皆様ご無沙汰しました。

3月3日浦佐 普光寺の毘沙門堂で春を告げる裸押合大祭が盛大に行われました。

今年は残念ながら風邪気味で夜の裸押合は、行けなく昼間撮影に行ってきましたが、なんと言っても夜が本番です。

夜の写真は一昨年撮影した物です、雰囲気だけでも見てください。

 

すっかり春めいてきた魚沼ですが、春は三寒四温でまだまだ寒い日がつづきます。

道路ぞいの雪の壁も大分低く成りましたが、其れでも2㍍弱残っています。

 

普光寺参道

s-今年4.jpg

 

普光寺山門

s-今年1.jpg

 

福餅参与一番高いところに今年の浦佐多聞青年団部長

s-今年2.jpg

 

普光寺の毘沙門堂

s-今年3.jpg

 

稚児行列 この写真も一昨年のもの

s-DSC_5299.jpg

 

正面が浦佐駅 駅から普光寺まで屋台店が列んでいます、此を見て歩くのも楽しみです

s-今年6.jpg

 

行列の出来るたこ焼きを買って帰る

毎年此のたこ焼き屋さんは行列が出来る、夜は時間が掛かるので毎年昼間買って帰る

s-今年5.jpg

 

一昨年撮影

毘沙門堂の裸押合

s-浦佐5.jpg

 

押合の撮影は大変です、この年は知り合いから良いカメラマン席を案内してもらいました

s-浦佐2.jpg

 

 

 

s-浦佐3.jpg

 

 

 

s-浦佐4.jpg

 

 

s-浦佐7.jpg

 

 

 

s-浦佐8.jpg

 

此を境に魚沼は春になります、雪国の春は格別です。

 

秋餅会

| コメント(4) | トラックバック(0)

城内の歴史と自然を愛する会 主催の秋餅会が盛大に今年も行われました。

スタッフで当日の献立や時間と人数など、2回打ち合わせを行いましたが、いろいろ手違いがあり、厨房のスタッフやお客様に魅惑をかけました。

スタッフは前日の朝10時から野菜の切り刻みや、盛り込むお皿や茶碗を用意したり、テーブルの準備と、料理の味付けと前日は忙しい。

当日は餅つきの準備や配膳で厨房は戦争状態でした。

今回は会費を頂いた、お客様が37名で座敷が一杯になり、会長の席も作られない始末です。

今回は城内に伝わる、座敷踊りをお願いして、好評だったと思います。

 

お品書きは、智道さんがアップされているので省略します。

前日の厨房

s-餅2.jpg

 

 

s-餅4.jpg

 

本日の献立此の後にぞうにや蕎麦がでる

s-餅5.jpg

 

会が始まる前に突然の訪問者が、なんと今回の衆議院に立候補を表明された、森ゆうこ様でした

主席者にお会いに、寄られたらしい、会が始まる寸前でごたごたしてて、残念ながら上がってもらえなかった。

ご健闘を心より祈っています

s-餅6.jpg

 

 

会長の御礼の挨拶が終わり、乾杯の後すぐ、城内に昔から伝わる、座敷踊りがはじまる

今は踊り手が少なく、後世に残したい踊りです

s-餅9.jpg

 

 

 

座敷踊りの後は本日のメンイベント餅つきです

今回は八海山倶楽部のメンバーも参加され餅つきも頑張ってもらいました

s-餅10.jpg

 

YUさん初めての経験でしょう、気合いが入っていますね

s-餅11.jpg

 

s-餅15.jpg

 

餅つきは城内に伝わる、水をいっさい使わない餅つきで、つき手は苦労します

水を使わない餅はいちだんと美味しい

s-餅14.jpg

 

餅つきが終わると宴たけなわで、昔から地域に伝わる歌、石場かちが披露されました

s-餅16.jpg

 

お客さも、つきたての餅に満足されていました

s-餅20.jpg

 

八海山倶楽部の皆さん来年の山菜会も懲りずに出席お願いします

s-餅21.jpg

 

 

s-餅22.jpg

 

今年も盛大におわりました、参加者の皆様有り難う御座いました、来年の山菜会や秋餅会も宜しくお願いします。

今回のお酒は八海山酒造の純米酒 越後で候でした、さすが美味しく五升空きました。

スタッフは全て無報酬でボランテアーの精神で頑張っています、料理に使用する野菜はスタッフの育てた野菜が大半です、無農薬の野菜です。

奥只見の紅葉Ⅱ

銀山平から、鷹の巣から県境までの紅葉をアップします、今回は一人旅好きな所で車を止めて撮影、気楽な旅でした。

丁度銀山平に遊覧船が入ってきた、観光客で満員状態。

 

一度遊覧船に乗ってみたいが、往復乗船しないと帰れない、一人旅では無理な話

 

s-ダム1-1.jpg

 

 

s-ダム1.jpg

 

 

s-ダム2.jpg

 

素晴らしい紅葉が続く

s-ダム3.jpg

 

 

s-ダム4.jpg

 

中ノ岐沢 雨池橋から撮影

中ノ岐沢は昔釣り吉の頃毎年、5月の連休に釣り仲間とイワナやサクラマスを釣りにきた思い出の場所です、あのころは若かった、いろんなハプニングを思い出す。

s-ダム5.jpg

 

 

s-ダム6.jpg

 

こんな山の中に恋いの付く地名が結構ある

s-ダム7.jpg

 

 

s-ダム8.jpg

 

 

銀山坑道跡 十二神社に到着

何回も訪れているが、坑道跡には行ったことがない、銀山間歩を呼んでいると正田の名前が出てくる、まさだ無くしょうだでした、我が先祖では無かった

s-ダム9.jpg

 

走っていると、日本百名山 燧ヶ岳(2346㍍)が見えてきた、今日は冠雪が見られたと思います

s-ダム10.jpg

 

鷹ノ巣集落に入る、一度清四郎小屋で蕎麦を食べて見たいが、今回も昼はコンビニのおにぎりでした

s-ダム11.jpg

 

只見川辺りも綺麗に染まっている

s-ダム11-1.jpg

 

ようやく県境に到着今回は此処まで

s-ダム12.jpg

 

県境辺りのブナ林 此処でも、もしやキノコと思い少し中に入ったが何も無し

s-ダム13.jpg

 

此処でUターン

s-ダム14.jpg

朝九時すぎに家を出て、ノンビリ撮影しながらの旅、県境で午後二時すぎに成り、四時までに帰る予定でしたが、着いたら四時半でした、疲れたが素晴らしい一人旅でした。

八海山倶楽部のアップ少し慣れてきたつもりですがまだよく分からない所がある、まだ時間が掛かる。

※ 写真、画像は縮小されています
 必要に応じクリックして拡大表示して下さい

BLOG RANKING

八海山倶楽部は、日本ブログ村ランキングに参加しています
宜しかったら下のバナーをクリック、応援して下さい

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南魚沼情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 魚沼情報へ
にほんブログ村

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリ

  • 八海山雪絵
  • 寒修行

最近のコメント

Profile

アイテム

  • s-寒13.jpg
  • s-寒12.jpg
  • s-寒11.jpg
  • s-八4.jpg
  • s-八3.jpg
  • s-寒10.jpg
  • s-八2.jpg
  • s-八1.jpg
  • s-寒5.jpg
  • s-寒4.jpg
  • s-寒2.jpg
  • s-寒1.jpg
  • s-寒1.jpg
  • s-寒1.jpg
  • s-スマホ2.jpg
  • s-スマホ1.jpg
  • s-スマホ1.jpg
  • s-スマホ1.jpg
  • s-暮れ11.jpg
  • s-暮れ10.jpg
  • s-暮れ9.jpg
  • s-暮れ8.jpg
  • s-暮れ7.jpg
  • s-暮れ6.jpg
  • s-暮れ5.jpg
  • s-暮れ4.jpg
  • s-暮れ3.jpg
  • s-暮れ2.jpg
  • s-暮れ2.jpg
  • s-暮れ2.jpg